最近の住所調査事情

探偵に結婚調査を依頼

探偵や興信所に結婚調査を依頼すると言うことは古くからありました。
以前の結婚調査ではどちらかというと家柄などを重要視する傾向が強くありました。
中には同和問題など差別に繋がる調査もあったのも事実です。
しかし、現在は差別に繋がる調査を探偵はお受けすることは出来ません。

ところが現在、結婚調査が静かなブームとして探偵に依頼される人が増えているのです。
もちろん差別に繋がる調査としての結婚調査ではありません。

確かに結婚調査とは個人情報を調査する事でもあります。
個人情報保護法の観点からもギリギリの部分もあるかもしれません。
しかし、個人情報が歪んだ解釈で間違った方向へと進んでいるのです。

現在、実際に起こっている結婚の際の問題とはどう言ったものでしょうか?
まず挙げられるのが学歴や職歴などの経歴詐称です。

現在、学校などでは卒業生について問い合わせをしても全く教えてくれません。
しかも同窓会名簿なども発行することを控えていますので学歴を知ることは困難となってきています。
学校側では卒業証明書を対象者である本人が希望すれば郵送するという方法を取っています。
まず本人に卒業証明書を取らせると言うことは相手の言うことを信じていないという裏返しでもあるのでそういうことをする人はまずいません。 職歴についても同様です。
最近は大手企業などでは在籍確認する事も出来なくなっていますし過去に勤務していた情報も開示しない傾向にあります。
簡単に言えば詐称が簡単に出来る世の中になってしまったという事なのです。

こうなってしまっている現在、全て本人の口述を信用するしかないのです。
これは結婚調査ばかりでありません採用調査にも言える事なのです。
実際に多くの人が代償様々な詐称に騙されています。
政治家やテレビなどにも露出の高い人までもが学歴などを詐称していたニュースは記憶に新しいのではないでしょうか?

また最近の傾向としては当人同士だけで結婚を決めてしまい、後から相手の親族について知り、正確や人柄、生活環境などに馴染めないということで離婚に至るケースも あるみたいです。

確かに結婚は当事者同士が決めることですが親族が増え、親戚づきあいなどもしていかなければならないという現実を無視できません。
この点では前もって相手の親族の人柄、生活環境から宗教や思想面なども把握しておかなければなりません。
決して差別的な事ではなく、前もって知っておくことでそれなりの対処、対応が出来るというものなのです。
極端な例ですが相手や相手の両親が借金まみれであったらとか、カルト的宗教の熱心な信者であったとか、右翼的や左翼的に強い傾倒があったらとかを想像してみて下さい。
貴方や貴方の親族にそれぞれ理解があれば問題はないのですが理解しがたいとなると貴方自身も間に立って大きく悩まれたりすることになるはずです。

更に最近増えているのがネットや婚活サイトなどで知り合った相手との結婚を前提とした交際です。
中には、プロの結婚詐欺師からにわか詐欺師まで様々存在しています。
結婚詐欺師というと男性というイメージがあるかもしれませんが最近では女性の結婚詐欺師も横行しています。
特に悪質なのは財産目的で結婚をしてしまうという点です。
実際に大きなニュースとして最近、社会面を賑わせた女性は1人や2人ではありません。
しかも離婚歴などを含め経歴などが詐称だらけであったという事実です。

この様な結婚詐欺師に引っかからないためにも探偵が実施する結婚調査は有効なのです。
特に個人情報が得られない昨今では改めて結婚調査の重要性も認識されているのです。


携帯番号調査・携帯電話番号調査で問題を解決

↑ PAGE TOP